著者アーカイブ PRACT BASE

著者:PRACT BASE

【重要】2021年3月22日以降の支援体制について

当社事業運営につきましては、平素よりご理解とご高配を賜り御礼申し上げます。

2021年 1月8日発出の緊急事態宣言に伴い、PRACT BASE(津田沼事業所)と本社・ワークライフサポート プラクト(新検見川事業所)では、利用者やスタッフ、関係者の身の安全を守る観点から、1月12日(火)より、通所支援と同行支援の一時的な自粛を行っておりました。この度、緊急事態宣言が3月21日(日)に解除されたことに伴い、以下のようなプロセスで支援を再開していきたいと考えております。

【2021年3月22日~31日の支援の対応状況】
プログラムは密を避けるため、引き続きオンラインにて対応致します。
所内での相談や面談等は、感染対策などを励行した上で対面を部分的に再開し、オンラインと並行して対応してまいります。同行支援等も再開致します。

直接お会いして支援にあたる場合は、「新型コロナウイルス感染対策ガイドライン」を遵守の上、ご相談に応じ対応させていただきます。

新型コロナウイルス感染対策ガイドライン

 

【2021年4月1日以降の支援体制について】
感染対策を行った上、全面再開を予定しております。

【新規利用および体験利用のご相談】
直接お会いしご面談させていただく場合は「新型コロナウイルス感染対策ガイドライン」を遵守の上、対応させていただいております。そのため、ご来所いただいた際には健康状態についてお伺いさせていただく場合がございます。
また、電話・Zoom・LINEなどを利用した、オンラインでの対応は随時行なっておりますのでお問い合わせください。

よろしくお願い致します。

著者:PRACT BASE

安心安全の『BASE』を作る

「働きたい」という想いを大切にしたい。

そのために安心安全を感じられる場所を作ることがもっとも大事。

 

私たちが掲げる理念の中で一番のBASE(ベース)となる考え方です。

仕事は人との繋がりから始まります。

求人を探す、職場の見学や実習、面接、就職、そして毎日の通勤一つ一つのプロセスの中で人と会い、話し、共同作業をしていくことになります。

人がいても安心できる場所、ひいては人がいるからこそ安心できる場所を作ることで、安定した人間関係を構築する経験を得て、気持ちの足場固めをしていきたいと考えています。

著者:PRACT BASE

帰属意識を持てる『BASE』を作る

居場所はあるものではなく作るもの。

一緒に笑って、一緒に泣いて、

それだけで人は頑張れる。      

 

人とつながると、場所につながり、さらにそこにいる別の人ともつながります。

人と話をして楽しい気持ちになったり、嬉しい気持ちになったり、時として何気ない会話に救われたりします。

そんな仲間ができると、「自分も何か人のためになれたらいいな。」なんて思えるようになり、就職に向けて頑張れます。

そんな経験を経て、仕事という共同作業の中で頼りにされたり頼りにしたり、自分がその輪の中の一員であると感じられることが、仕事をする活力になると考えます。

著者:PRACT BASE

自分も相手も認められる『BASE』を作る

「人を認めることが大切」なんてわかってる。

それよりも「自分のことをちゃんと認めること」ができれば・・・  

 

「自分のことをちゃんと認めること」ができれば、少し余裕が出てきて、周りの人を認めやすくなります。

自分のことを受け入れて、相手のことを受け入れられるようになると、自分のことを相手に伝えられるようになり、相手の考えを受け入れやすくなります。

困難に直面したとき、人は視野が狭くなりがちです。

そんなときに人とつながっていれば、内にこもらず、狭くなった視野を広げるきっかけもみつかります。人に話して、相手の意見を聞くことで、自分自身の中に解決の道筋が見えてくるかもしれません。

著者:PRACT BASE

前に一歩踏み出せる『BASE』を作る

就労という自己実現に向けた一歩を踏み出す。

帰れる、落ち着ける場所があるから安心して踏み出せる。  

 

自己実現の形は人それぞれです。

ここでは働くことで、「どうなりたいのか」「どうしたいか」「どんな生活がしたいのか」を一緒に考えていきたいと思います。

「人の役に立ちたい」とか「自分で稼いだお金で好きなものを食べたい」とか、やりたいことに向けて踏み出すための足場を固めたいと考えています。

どんな一歩も踏み出せば、前に踏み出すことになります。

背中は押しません。手も引っ張りません。

あなたが出そうと思えた一歩を大切にしたいからです。

著者:PRACT BASE

レジリエンスを高める『BASE』を作る

ストレスはたくさんある。
ストレスを無くすことより、ストレスとの付き合い方を一緒に考えたい。    

 

就職はゴールではなく、あくまでも通過点と考えます。

長期的な展望のもと、就職活動中から就労後の定着に至るプロセスで起こる様々な波を乗り越える力を養います。

逆境や困難に直面しても、元に戻ることができる回復力や、ストレスに対しての緩衝力、新しい環境や予期せぬ変化を受け入れて対応できるようになる適応力をプログラムの中で養い、高めます。