このページでは、就労移行支援を利用できる期間について説明しています。

就労移行支援の利用期間って?

就労移行支援を利用できる期間は2年間と決まっています。

2年間の使い方は、就労移行支援の中で何をしていきたいかによって様々です。そのため、利用期間を無駄なく大切に使っていくことがポイントになります。数週間から数ヶ月で就職される方から、1年以上時間をかけてじっくり就職の準備をしていく方もいます。

就職後のフォロー(定着支援)の期間は事業所により様々ですので、事業所に確認をして見ましょう。

プラクトでの対応は?

プラクトでは利用期間をできるだけ大切に使っていただきたいと考えています。

一般的な事業所だと、数ヶ月にわたって施設に通所をしていただきアセスメントをしていますが、プラクトのアセスメントは、通所に依存せず、求人探しや応募書類の作成など求職活動をしながら動的に行っているため、就職までのプロセスはとてもスムーズです。