ご相談の中でいただいた質問と回答集

このページでは、今週初めてプラクトに来ていただいた方たちからいただいた質問を回答と一緒にまとめています。事業所選びの際に参考にしてください。

プラクトには職員は何人いますか?
プラクトに在籍している職員は、2020年6月18日現在、常勤・非常勤合わせて10名です。
個別支援を担当するスタッフ、プログラムを担当するスタッフ、後方支援にあたるスタッフなどそれぞれが役割を持ち支援にあたっています。
何日から利用をすることができますか?
プラクトを利用している人たちはどんな感じで利用していますか?
利用期間を通じて、特に何日以上利用しなければならないということはありません。受けたい支援に必要な日数が利用する日数になります。
月に数日ご相談にいらっしゃる方、プログラムと面談を組み合わせて週に2〜3日利用される方、ハローワークなどでのみお会いする方、開所日に終日プラクトにいらっしゃる方など、就職にあたり必要な部分だけ利用していただいています。
また、経済的に利用を数日程度で抑えたいというご希望もありますので、その都度相談しながらお会いする日数などを調整させていただいています。
スタッフはどんな資格を持っていますか?
支援にあたるスタッフたちは、精神保健福祉士、社会福祉士、作業療法士、保健師などの資格を持っています。
利用している人たちの年齢は?
時期により差はありますが、現在は、20代前半から50代前半くらいまでの方達に利用していただいています。平均年齢は概ね30代半ばくらいになるかと思います。
どんな仕事に就かれていますか?
利用されている方の希望、特性や障害状況に応じて一人ひとり求人開拓を行なっていますので、就かれている業種や職種はかなり幅があります。求人の希望などをぜひ教えていただければと思います。
就職先について教えてください。
2019年度で約35名の方が就職され、34の事業所でお仕事をされています。
個人情報保護と個人情報の商用利用を避ける観点から、プラクトではウェブ上での就職先の会社名などの公開は控えさせていただいています。申し訳ありません。お会いした際に個別にお伝えさせていただいています。
利用するにはどうしたらいいですか?
利用にあたっては、お住いの市区町村の窓口で利用申請をし「受給者証」を取得する必要があります。手続きなどは以下のページをご参照ください。
また相談に来てもいいですか?
ご連絡ください。お待ちしています。